プログレッシブダウンロード

提供: MonoBook
疑似ストリーミングから転送)
移動: 案内検索

プログレッシブダウンロード英語: progressive download)とは、静止画動画音楽などのファイルダウンロードしつつ、その一部を受信した時点で表示再生を行う手法のことである。

利用者側から見た場合の挙動はストリーミングと非常に似ているため疑似ストリーミングとも呼ばれるが、技術的にはストリーミングとはまったく異なるものである。

概要[編集]

プログレッシブダウンロードは、YouTubeニコニコ動画FC2動画などの動画配信サイトが採用している方式である。なお、ニコニコ生放送FC2ライブはプログレッシブダウンロードではなくストリーミングである。基本的に生放送系はストリーミング、録画系はプログレッシブダウンロードと思って間違いない。

なお、プログレッシブダウンロードというと動画というイメージが強いが、古くから静止画でも使われている手法であり、遅いネットワーク回線などを用いた際にJPEGPNGGIFなどの画像データがモザイク状から徐々に完全体になるのもプログレッシブダウンロードの一種である。JPEGにおいてプログレッシブダウンロードを用いる場合は保存時にプログレッシブJPEG形式で保存しておく必要がある。

ストリーミングとプログレッシブダウンロード[編集]

ストリーミングとプログレッシブダウンロード」のページを参照。

著作権問題[編集]

プログレッシブダウンロードの実態は通常のダウンロード処理であり、ダウンロードが完了した部分から追っかけ再生を行うことでストリーミングに近い感覚を実現しているものである。

プログレッシブダウンロードでは一度ダウンロードした部分はローカル上のキャッシュを利用することで通信することなく利用することもできる。そのことが原因で著作権の観点から見て、著作物をプログレッシブダウンロードした場合は建前上は見えないキャッシュファイルであることが多いが、現実的には全てのダウンロードが完了した時点で完全なファイルとして恒久的にアクセスできる状況にあるため問題となりつつある。

主なプロトコルと実装[編集]

プログレッシブダウンロードとストリーミングはその特性の違いにより、ストリーミングUDP/IPとの相性が良く、プログレッシブダウンロードはTCP/IPとの相性が良いと言われている。そのためTCP/IP上に構築されたHTTPを使うウェブの世界では、その構築の容易さや、一般市販されているルーターなどでは初期設定でHTTP通信が許可されておりファイアーウォールなど越えやすく、また圧倒的な勢力を誇るAdobeFlashが標準でプログレッシブダウンロードに対応したクライアントとしての機能を持っており簡単に実装できるという理由などからプログレッシブダウンロードが広く使われている。

ただし、ストリーミングと言えばUDP/IPというわけでもなく、あくまで限られた範囲において効率的かつ相性が良いだけなので、Flashなどを噛ますことでHTTPで強引にストリーミングを実現するという手法や、RTSPReal Time Streaming Protocol)のように強引にHTTP自体を拡張することで実現しているものもあるもある。これらはアダルトチャットを筆頭としたライブチャット界隈では広く使われており、とくにFlash Media Streaming Serverは圧倒的な勢力を誇っている。

なお、Silverlightで使われているSmooth Streamingという技術はその名称に「ストリーミング」とあるが実体はプログレッシブダウンロードである[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]