算術IF文

提供: MonoBook
移動: 案内検索

算術IF文とは、FORTRANで登場したと言われるIF文のひとつである。

概要[編集]

if () 式が0より小さい場合, 式が0の場合, 式が0より大きい場合

名前のとおり本来はC言語などの三項演算子のように使うものである。初期のFORTRANではこの算術IF文しかなく、一般的な条件分岐として使うにはあまりに使い勝手が悪かったため批判が殺到し、後にC言語風の論理IF文が追加された。

この算術IF文はExcelでも採用されており、VBAを持ち出すほどではない場面では多用されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]