腐ってやがる。早すぎたんだ。

提供: MonoBook
移動: 案内検索

腐ってやがる。早すぎたんだ。とは、映画『風の谷のナウシカ』において、王蟲の群れを撃退するためにトルメキア帝国軍が強引に復活させた不完全な巨神兵を見た第四皇女付き参謀クロトワ(27歳)が放った台詞である。巨神兵は陽子ビームを2度発射するとまもなく肉体を崩落させた。

概要[編集]

風の谷のナウシカはテレビで幾度ともなく放映されている作品であり日本人なら知らないひとはいないというくらい有名な台詞であるため至る所で使われている。 特にアニメオタクの多いコンピューターの世界では、リリース直後にバグが発見されたソフトウェアや、見切り発車っぽいハードウェアなどを指してよく使われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]