1ビット脳

提供: MonoBook
移動: 案内検索

1ビット脳(読み:いちびっとのう)とは、YESかNOか、良いか悪いか、右か左か、白か黒か、などの2つの状態しか認識できないという認知力が低く複雑な事象を理解できない者の総称である。

概要[編集]

1ビット脳の患者は、わかりやすい概念やスローガン、二分法を容易に信じ込む者のことであり、いわゆる権威主義者の正体である。

1ビット脳の患者は、おしなべて知能が低く、学歴が高くとも基本的な認知能力が極端に低い傾向がでる。

1ビット脳の患者は、前例のない新しい問題が発生すると正しく対処することが出来ないという特徴がある。

主な学説[編集]

1ビット脳の主たる原因は、古くから教育レベルによるものであるという学説が有力視されている。 また、近年では染色体異常による発達障害の一種であるとする学説も増えつつある。

1ビット脳の患者を観察したところ、偏って無知であり(勉強ができないという意味ではない)、自分で考えるって習慣がない。 このためセンセーショナルな思想をぶち込まれると、スポンジのようによく吸い込み、賢くなった錯覚に陥り、必死にそれを周囲にふれ回るのではないかと推測される。 最初に触れた強烈な思想によってその方向性が決定づけられ、極端なネトウヨ共産主義者カルト宗教信者などになる可能性が高い。

ただし、まだ解明されていない点が多い疾病であると言える。

関連項目[編集]

参考文献[編集]