MacOSのsyslogのログをサーバーに送信する

提供: MonoBook
移動: 案内検索

macOSsyslogログCentOS 7上のrsyslogサーバーへ飛ばしたい。

前提条件[編集]

CentOS 7側でrsyslogの設定が完了している前提とする。

CentOS 7のrsyslogサーバーでログを受信する

手順[編集]

まずrootになる。rootになるにはmacOSのアカウント種別が「管理者」であることが前提。

$ sudo su

syslog.confをバックアップする。

$ cp /etc/syslog.conf /etc/syslog.conf.20171101

テキストエディタでsyslog.confを編集する。

$ vi /etc/syslog.conf

サーバーに飛ばすログの種類(この例では全部を意味する「*.*」)と、サーバーのアドレス(この例では「@192.168.1.10:514」)を追記する。 区切り文字は「半角スペース」ではなく「タブ」な点に注意

*.* @192.168.1.10:514

syslogdサービスを再起動する。

$ sudo launchctl unload /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.syslogd.plist
$ sudo launchctl load /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.syslogd.plist

なお、Mac OS X 10.11 El Capitanからは「System Integrity Protection」という機能が付いた関係で初期状態では上記のコマンドは使えない。そのような場合はmacOSを再起動する。

macOSのSystem Integrity Protectionを解除する

macOSのコマンドラインからログを送信してみる。

logger -s -p user.info test

関連項目[編集]