MonoMac/Resource Bundleを利用する

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MonoMacのプロジェクト直下のResourcesフォルダに画像などの各種ファイルを突っ込んでおくとアプリの一部として配布することができる。

パスの取得[編集]

いわゆるアイコンとしてみ見えるMacアプリ拡張子が「.app」のフォルダであり、その中に本当の実行ファイルやリソースなどが詰め込まれている。 プラットフォームによってはリソースファイルといえばひとつのバイナリに固められて専用APIで取り出したりするが、Mac OSXの場合は単純に「○○○.app/Contents/Resources/」(○○○はアプリ)の中にファイルなどとして格納されている。

アプリのルートディレクトリはNSBundle.MainBundle.BundlePathプロパティで取得できるので、あとは決め打ちえ「Contents」と「Resources」を付け加えてやればよい。なお、ディレクトリセパレータWindowsではバックスラッシュだがMacではスラッシュなので、そこら辺はSystem.IO.Path.Combineメソッドに任せておいた方が無難だと思われる。

using System.IO;
using MonoMac.Foundation;
 
// 中略
 
var path = Path.Combine(NSBundle.MainBundle.BundlePath, "Contents", "Resources");
var file = "images-blue.png";
var image = new NSImage(Path.Combine(path,file));

関連項目[編集]

参考文献[編集]