O2O (Online to Offline)

提供: MonoBook
O2Oから転送)
移動: 案内検索

O2O (読み:おーつーおー、語源:Online to Offline)とは、ネット上(オンライン)で宣伝して、実店舗オフライン)で商品の販売に繋げることをいう。

概要[編集]

世の中ではAmazonYahoo!ショッピング楽天などの通販サイトインターネット創世記からB2BB2Cの中心として流行しているが、その一方でレストランなどの飲食店をオンラインでお届けするのは難しい分野が存在する。

そこでそれらの分野に向けに、割引クーポンやサービス追加クーポンをネット上で発行したり、foursquareYelpなどの位置情報サービスによって積極的に店舗の認知や来店を促したり、またFacebookチェックインクーポンホットペッパーグルメなどのその両方を併用したものなどをO2Oと呼ぶ。

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールはその見方に統計学の知識が必要なり、またGoogle Analyticsなどは汎用性のために業種を絞り込んでいない関係で、その利用には必要な統計の算出方法も自分で考えなければならない。一方、O2Oを利用したクーポンなどの利用数は一目瞭然の数字となるため馬鹿でも理解できるという特徴がある。

また、会社概要だけが書かれたような企業サイトもある意味ではO2Oであるとも言える。

問題点[編集]

実店舗だけに特化したビジネスを展開している企業はネットに疎いことが多く、「月額10万円で口コミサイトで好評を書き込みまくりますよ!」などというO2O業者もといステマ業者カモにされている事が多い。うさんくさいO2O業者にはGoogleなどの検索エンジンが規制強化およびパーソナライズに注力したため食えなくなったSEO業者から転向したところも多い。

実情[編集]

日本における飲食店のO2Oに関してはFacebookチェックインクーポンがほぼ一強となっている。また、飲食店情報誌から発展したリクルートが率いるホットペッパーグルメFacebookチェックインクーポンとサービス統合をしており、事実上両者は同一のものとなっている。

つまり淘汰はほぼ完了した状態であり、独自でお金を掛けてO2Oサービスを展開したところで北海道のクソ田舎の無人駅の前でティッシュ配りするくらい無謀であると言える。あるものは利用して、クーポンの発行手数料にお金を掛けるくらいなら、クーポンのサービス内容にお金を掛けるべきであると言える。

関連項目[編集]

参考文献[編集]