T-01C

提供: MonoBook
移動: 案内検索

REGZA Phone T-01Cとは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社が開発し、NTTドコモから発売したAndroidを搭載したスマートフォンである。

概要[編集]

REGZA Phone T-01C、後に伝説となるARROWSの始祖であり、初期のAndroidの酷さを凝縮した一品である。

電話着信すると約50%の確率でタッチパネルフリーズし無残に着信音だけが鳴り続ける。 なお、この着信フリーズの問題は本体側面のハードウェアキーを使うことで回避、電話を取ることができる。 また、公式アップデートを行いAndroid 2.1からAndroid 2.2に上げると若干良くなる。

ドコモUIMカードmicroSDカードの指し口がバッテリを外さないと抜き差しできない位置にある。

ワンセグチューナーの感度は死ぬほど悪い。 ガラケースマホなどを問わず、他機種を使う誰もがワンセグを観ている中、T-01Cだけ観られない状況も好発する。

カメラも素晴らしい完成度であり、撮影ボタンを押すと高確率でフリーズする。 また一定時間が経過すると強制再起動となる。 この問題は公式アップデートで最新の状態にしてもあまり改善されない。

電池パック(型番:T03)は1300mAh/3.7V/4.9Whの大容量を誇り、半日も持てば良い方である。

主なT-01Cネタ[編集]

関連製品[編集]

  • IS04
    auから出たT-01Cの兄弟機。ほぼ同一だが更に酷い仕打ちで有名。

関連項目[編集]

参考文献[編集]