「3DCG」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「3DCGとは、2D平面のディスプレイに3Dっぽい映像を描画する技術のことである。 == 概要 == そのほとんどはいわゆる「[[ポリゴン]…」)
 
 
2行目: 2行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
そのほとんどはいわゆる「[[ポリゴン]]」である。3DCGの描画方法には[[ボリュームレンダリング]]などの手法もあるが、ゲームなどで使われる[[ポリゴン]]のシェアが99.9999%である。
+
そのほとんどはいわゆる「[[ポリゴン]]」である。3DCGの描画方法には[[ボリュームレンダリング]]などの手法もあるが、[[ゲーム]]などで使われる[[ポリゴン]]のシェアが99.9999%である。
  
 
[[3Dテレビ]]や[[VRヘッドセット]]の開発者たちは「[[2.5D]]」と呼ぶ。彼らに言わせると本物の3Dは「[[立体視]]」らしい。
 
[[3Dテレビ]]や[[VRヘッドセット]]の開発者たちは「[[2.5D]]」と呼ぶ。彼らに言わせると本物の3Dは「[[立体視]]」らしい。

2019年10月9日 (水) 11:29時点における最新版

3DCGとは、2D平面のディスプレイに3Dっぽい映像を描画する技術のことである。

概要[編集 | ソースを編集]

そのほとんどはいわゆる「ポリゴン」である。3DCGの描画方法にはボリュームレンダリングなどの手法もあるが、ゲームなどで使われるポリゴンのシェアが99.9999%である。

3DテレビVRヘッドセットの開発者たちは「2.5D」と呼ぶ。彼らに言わせると本物の3Dは「立体視」らしい。

関連項目[編集 | ソースを編集]