「MoltenVK」の版間の差分

提供: MonoBook
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''MoltenVK'''とは、macOSおよびiOS向けのVulkan実装である。 Metalの上に実装されている。 「macOS 10.14 Mojave」および「…」)
(相違点なし)

2019年7月9日 (火) 06:09時点における版

MoltenVKとは、macOSおよびiOS向けのVulkan実装である。 Metalの上に実装されている。

macOS 10.14 Mojave」および「iOS 12」において「OpenGL」「OpenGL ES」「OpenCL」が非推奨となったことをうけ開発が始まった。今のところジオメトリシェーダーコンピュートシェーダーは使えないようだ。

VTKの開発会社KITWAREによるとMetal対応ではなくMoltenVK対応を検討しているという[1]。またAutodeskは一部製品のmacOS版を廃止するとしている[2]

価格

MoltenVKは非営利利用は無償、商用利用は有償となっている。 有償プランはざっくり売上1000万円で年間5万円、売上4000万円で年間20万円、それ以上は年間80万円程度となっている。

速度

クロノスグループによるとMoltenVKで再実装すると旧来のOpenGLよりも1.5倍も高い性能が得られるとしている。当然ながらMetalで書いた方が高速に動作するが、MoltenVKを噛ましてもオーバーヘッドは10%程度だという。

外部リンク

関連項目

  • http://vtk.1045678.n5.nabble.com/Apple-deprecates-OpenGL-in-macOS-10-14-td5747645.html
  • https://apple.srad.jp/story/18/08/03/078246/