「SPIR-V」の版間の差分

提供: MonoBook
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''SPIR-V'''(語源:Standard Portable Intermediate Representation V)とは、Vulkanのために開発されたシェーディング言語の中間コー…」)
 
(相違点なし)

2019年7月10日 (水) 01:43時点における最新版

SPIR-V(語源:Standard Portable Intermediate Representation V)とは、Vulkanのために開発されたシェーディング言語中間コード表現である。

OpenCLのために開発された「SPIR」と似ているが別物である。SPIRはLLVMを利用していたが、SPIR-Vからはよりシェーダーに特化して効率的に利用できるよう独自実装になった。順当にいけばSPIR 3.0という名称になりそうなものであったが、なぜかV(5.0)まで一気に飛んだ。

VulkanではSDKに付属のglslangを利用してGLSLおよびHLSLからSPIR-Vバイナリを出力することができる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]