「Skyve」の版間の差分

提供: MonoBook
移動先: 案内検索
(ページの作成:「'''Skyve'''(読み:すかいゔ)とは、オープンソースの下で開発されているローコード開発ツール超高速開発ツール)…」)
 
(相違点なし)

2019年7月9日 (火) 03:05時点における最新版

Skyve(読み:すかいゔ)とは、オープンソースの下で開発されているローコード開発ツール超高速開発ツール)である。Skypeと見間違えそうな紛らわしい名称だがまったくの別物である。

概要[編集 | ソースを編集]

ライセンスLGPL 2.1を採用している。

SkyveのバックエンドのデータベースとしてはMySQLSQL ServerH2 Databaseに対応している。

Java(Java 8)で書かれており、Wildfly(旧JBoss)にぶち込めば動く。H2 Databaseに対応しているので細かいことは考えなくてもそこそこ試すことはできる。

Skyveで作ったアプリをクラウドでホスティングしていくれる有料サービスで開発資金・運営資金を稼ぐとしているが、2019年7月時点では「Coming Soon」となっておりサービスは始まっていない。自前でサーバーを用意する必要がある。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]