「VideoToolbox」の版間の差分

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「'''VideoToolbox'''とは、macOSiOSなどに搭載されている動画のハードウェアエンコーダーおよびハードウェアデコーダーにア…」)
 
(相違点なし)

2019年11月28日 (木) 07:02時点における最新版

VideoToolboxとは、macOSiOSなどに搭載されている動画のハードウェアエンコーダーおよびハードウェアデコーダーにアクセスするための低レベルAPI群である。

動作環境[編集 | ソースを編集]

  • macOS 10.8 以降
  • iOS 6.0 以降
  • tvOS 10.2 以降

概要[編集 | ソースを編集]

一般的なプログラマーはまず触ることなく一生を終えるだろう。

ffmpegなどが内部的に利用しており、macでffmpegを使用する際にはコーデックに指定すると非常に高速に変換処理ができる。これらを指定するとGPUT2チップなど適切なものが自動的に利用される。 どれが使われるかは不明。

  • libx264 = h264_videotoolbox
  • libx265 = hevc_videotoolbox

ffmpegで1080p動画を4K動画にアップコンバートする例。 ちなみに「-b:v」でビットレートを明示しないと残念な結果になる。

ffmpeg -i input1080p.mov -vf "scale=3840:-1:flags=lanczos+accurate_rnd,framerate=120" -c:v h264_videotoolbox -b:v 100m output2160p.mp4