ノルム

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノルム英語:norm)とは、ベクトルの長さのことである。

算数の式でのノルム表記は「」という感じで変数を2個の縦棒で囲む。 これにより「変数ベクトルの長さだよ」と意味付けできる。

二次元ベクトルの記述例[編集 | ソースを編集]

例としてピタゴラスの定理でよくみる直角三角形の3つの辺の長さを求める計算式は以下のよう記述される。


これをノルムを使って「cは長さだよ」と明記すると以下のようになる。単純に変数の格納物が何なのかを明記しただけである。平方根シグマなどの記号と異なり、何かしらの計算が発生するわけではない。いわゆるプログラミング言語でいう「」みたいなものである。


備考[編集 | ソースを編集]

ある3DCGのライブラリにおいてベクトルの正規化(Normalize)を行う関数の名称を「norm」と略しているものがあった。非常に紛らわしいので注意しよう。

関連項目[編集 | ソースを編集]