ミニコンピューター

提供: MonoBook
ミニコンピュータから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミニコンピューター(通称:ミニコン)とは、かつて存在したコンピューターの分類で、筐体がメインフレームよりは小さく、パソコンよりは大きい、だいたい冷蔵庫くらいの大きさのものを指す用語であった。

ミニコンピューターという言葉が消滅する寸前の1980年代後半から1990年代初頭になるとパソコンとほぼ同じサイズまで小型化しており、「CPUx86以外の機種で昔ながらのOSが動く」という意味合いが強くなっていた。小型ミニコンの筆頭であるVAXstationシリーズは「ワークステーション」として売られていることも多かった。