AWS Elastic Beanstalk

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

AWS Elastic Beanstalkとは、EC2から派生したサービスで、root権限がない代わりに、アマゾンOSをはじめJavaPHPと行った実行環境などの足回りのメンテナンスを代行してくれるというものである。

概要[編集 | ソースを編集]

安全性[編集 | ソースを編集]

大雑把にいえばアマゾンが実行環境のセキュリティ対策の面倒を見てくれるというものである。 EC2によりハードウェアの故障で修理に走る要員をリストラできたように、Beanstalkにより24時間365日3交代のセキュリティ要員をクビにして削減することができるアプリケーション周りのセキュリティ対策要員として割振ることができるようになる。

当然ながらその上で動くアプリケーションのセキュリティまでは面倒を見てくれるわけではないので「Write once, Run Away」なWordPress放置プレイなどは危険である。

機動性[編集 | ソースを編集]

またOSランタイムの設定が常に固定であり、迷わず即座に動かせる実行環境としても有用である。 これにより開発環境と運用環境のラインタイムの設定の違いで挙動が違うという不具合を極力減らすことができるであろう。 たとえば「運用時のphp.iniはBeanstalkの設定が絶対であり普遍である」という条件をITドカタに叩き込み開発させることでこの手のトラブルは大幅に減ることであろう。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]