B.A.T.M.A.N.

提供: MonoBook
BATMANから転送)
移動先: 案内検索

B.A.T.M.A.N.(読み:ばっとまん、語源:Better Approach To Mobile Adhoc Networking)とは、複数のアドホックネットワークルーティングする技術であり、無線LANアクセスポイントなしで遠距離の通信を可能にする仮想的(ソフトウェア的)なネットワークスイッチである。現在ではLinuxの一部である。

概要[編集 | ソースを編集]

一般的に無線通信を行う場合には、スマートフォンなどで使われる3GLTEなどは基地局が必要であり、家庭などで使われる一般的な無線LANにしても通常は無線ルーターなどが必要である。 これらは通信インフラのない大規模災害時や発展途上国では論外であるのは言うまでもない。

そこでPSPゲームモンスターハンター」の大ヒットで一躍有名となったアドホックネットワーク(アクセスポイント不要の近距離無線通信)の技術を応用し、通信範囲のかぶる複数のアドホックネットワークを繋ぎ、はるか彼方への通信を実現しようというのがバットマンプロジェクトである。

ルーティングというとレイヤー3ルーター)かと思われるが、バットマンではレイヤー2ハブ)をエミュレーションすることで実現している。

Linux[編集 | ソースを編集]

現在、バットマンはLinuxの一部となっており、ほとんどのLinuxディストリビューションで利用可能となっている。 Linuxに標準搭載されたのはLinuxカーネル 2.6.38からであり、UbuntuでいえばUbuntu 11.04からである。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]

テンプレート:Reslit