MonoGameで解像度を取得する

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

MonoGameでは設定を「要望した解像度」と「実際の解像度」が異なり、環境に合わせて近似するベストな解像度が選ばれるようになっている。これはAndroid端末などでは液晶の解像度が事前に決まっており、こちらの要望は基本的に無視されるためである。

たとえばGameクラス(MonoGameにおけるエントリポイントに相当するクラス)で以下のように解像度の設定を行ったとする。

GraphicsDeviceManager.IsFullScreen = false;
GraphicsDeviceManager.PreferredBackBufferWidth  =  720 ;
GraphicsDeviceManager.PreferredBackBufferHeight = 1232 ;
GraphicsDeviceManager.ApplyChanges();

これがWindowsやMacで実行した場合はよほどのことが無い限り要望した解像度になるだろう。しかしAndroidではカタログスペックの解像度ではなく、上部のステータスバーや下部のナビゲーションバーを除いた領域が実効解像度となるため、それらを考慮した「もっとも近似する解像度」が設定される(詳細は「MonoGameで解像度を設定する」を参照)。ホームボタンが物理ボタンの機種がほとんどなくなったので注意しよう。

実効解像度は以下のプロパティで取得できる。

GraphicsDevice.PresentationParameters.BackBufferWidth;
GraphicsDevice.PresentationParameters.BackBufferHeight;

ちなみにカタログスペックの解像度は以下のプロパティで取得できる。

//
GraphicsDevice.DisplayMode.Width;
GraphicsDevice.DisplayMode.Height;
//または
GraphicsAdapter.DefaultAdapter.CurrentDisplayMode.Width;
GraphicsAdapter.DefaultAdapter.CurrentDisplayMode.Height;

注意点[編集 | ソースを編集]

なお、解像度を要望する(反映させる)GraphicsDeviceManager.ApplyChangesメソッドは以下の点に注意すること。

  • Gameクラスのコンストラクタ内で呼び出しても無反応。
  • 明示的に呼び出す場合はGameクラスのInitializeメソッドが呼ばれたタイミングで利用可能となる。
  • 暗黙的にGameクラスのbase.Initialize()の中でも実行されている模様
    base.Initializeメソッドを呼び出した時点でゲームループが走り出すので注意。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]