クラスA情報技術装置

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

クラスA情報技術装置(読み:くらすえーじょうほうぎじゅつそうち)とは、VCCI協会が定めるIT器機から発生する妨害波(電磁波)の許容範囲の規格のひとつであり、主に業務用の機器が取得しているものである。

概要[編集 | ソースを編集]

「業務用」や「クラスA」という名称から凄そうに勘違いされるが、実のところ業務用のクラスAよりも家庭用のクラスBの方がその許容範囲は狭く、クラスAは設置場所にシールドなどが完備されている必要がある。これは業務用製品は専門家が適切に扱うのに対して、家庭用製品は専門的な知識のない人が深く考えずに使うという前提だからである。

本来のクラスAは「専門的な知識のある人が適切に取り扱うのでコストダウンした安物でも大丈夫」という趣旨であるが、そのほとんどが「業務用」の名の下にボッタクリ価格なのが実情である。

つまり最高級品は「業務用」の「クラスB」である。テストに出るので覚えておこう。

なお、この規格を取得できる製品には特に制限なく、電気を通す製品なら何でも取得できる。パソコン本体やハードディスクスイッチングハブ無線ルーターなどの様々な製品の化粧箱取扱説明書シリアルナンバーの周辺などに書かれている事が多いので、一度身の回りの製品を見渡してみよう。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]