ストップ・ザ・ワールド

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ストップ・ザ・ワールド英語:stop the world)とは、ガベージコレクションを搭載したプログラミング言語実行環境において、ガベージコレクション発動時にプログラムパソコンフリーズしたかのような状態になる現象のことである。

ガベージコレクションが終わると何事も無かったかのようにプログラムは動きだす。

概要[編集]

ストップ・ザ・ワールドは、ガベージコレクションアルゴリズムの多くが、自動かつ漏れなくメモリを解放するためにはメインスレッドを停止した状態で実行する必要がある、ということが原因で発生する。

パソコン[編集]

8ビットパソコンの時代に一世風靡したMS-BASIC系では1分以上もザラであり時には5分以上のストップ・ザ・ワールドも珍しくなかったが、最近ではそこまで凄いのは稀である。

サーバー[編集]

ストップ・ザ・ワールドは運用中のサーバーで発生すると監視室はパニック状態になる。 とくに冗長構成を完璧に組んだサーバー群では数十秒の停止でもフェイルオーバークラスターが発動したりと一大事に発展することも多い。

Javaで書かれたプログラムを、メモリをモリモリ積んだサーバーで動かすと、メモリを食い尽くすまで長い時間がかかるため、忘れた頃に一気にガベージコレクションしようとして長時間のストップ・ザ・ワールドが発生するケースが多い。

ハードディスクデフラグの時間が大容量なほど長時間になるのと同様に、ストップ・ザ・ワールドの停止時間も基本的にメモリの搭載量に比例するため、ITドカタに配給されるショボいスペックPCで動かしている開発時点ではメモリ不足により頻繁かつ小規模なガベージコレクションが行われるため発覚しないことが多い。

SSD[編集]

また、プログラミングだけではなく、近年ストレージとして広く普及したSSDにおいても未使用領域を確保するためにガベージコレクションが行われているが、書込み処理が集中しガベージコレクションが追いつかなくなるとストップ・ザ・ワールドのような状態に陥る。これをプチフリという。近代的なSSDではプチフリを抑制するためにオーバープロビジョニング領域を搭載している製品が多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]