ハイパーバイザー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ハイパーバイザー英語:hypervisor)とは、コンピューター仮想化に特化した特化型OSのことである。

概要[編集]

ハイパーバイザーはファミコンカセットのように電源を入れるといきなりエミュレーターが立ち上がるというものである。ハイパーバイザーをインストールしたパソコンはまるで昔のワープロ専用機PC-9801などで多かったフロッピーディスクから直起動するゲームみたいな感じみたいになる。

一般的なOSの上で普通のソフトウェアとして動くエミュレーターと比べると、本来OSがある位置でエミュレーターが動くので非常に高速に動作する。

名前の由来[編集]

遥か昔、メインフレームなどの大型機の世界では一般的なOSのことを業界用語で格好付けてスーパーバイザーと呼んでいた。

ハイパーバイザーはハードウェアの真上で動くエミュレーターでありスーパーバイザーより強い。つまりハイパーである。

主なハイパーバイザー[編集]

VMware vSphere以外のハイパーバイザーはWindowsLinuxなどの既存の汎用OSに穴を開けるかたちで実装されている。この方法では既存OSのデバイスドライバーを流用できるのでハイパーバイザーを動かせるハードウェアがグッと広がるという利点がある。

ただし、既存OSに穴を開ける方式はエミュレーターの動作に必要のない部分が大量にリソースを消費するという欠点もある。メモリハードディスクを大量に消費してしまうのである。最近ではメモリ価格が下がったことで問題になることも少なくなったが。

それ以上に、OSに穴を開け、ハードウェアを見えるようにするという行為は、常識的に考えて仮想化を必要としていない人たちが受け入れられるものではなかった。多くのOSは穴を塞ぐことに邁進しつづけてきたのだから当たり前である。

当然のように大論争を巻き起こし、たとえばXenLinuxカーネルへの穴開けは長らく非公式で、Linuxカーネルに自前でパッチを当てる必要があった。いわゆる魔改造であり、穴開け済みLinuxディストリビューションXenServerが登場するくらい一般人には敷居の高いものであった。このXenLinuxカーネルへの穴開けはLinux側の妥協により公式のものとなったが非常に長い年月を要した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]