マイクロORM

提供: MonoBook
移動: 案内検索

マイクロORM(読み:まいくろおーあーるえむ、英語:Micro ORM)とは、機能を省きまくり徹底的に軽量化したORMの総称である。

概要[編集]

マイクロORMと呼ばれるものの多くは、プログラミング言語構造体クラスと、リレーショナルデータベーステーブルを対応づけ、SQLをより簡便に扱えるように特化したものがほとんどである。

Active RecordHibernateEntity Frameworkなどといった重量級のORMにおける主要機能である「外部キーを頼りにリレーションを自動解決する機能」などを排したものがほとんどで、「SELECTの結果を連想配列ではなくクラスで受け取れる」といったテーブルとクラスのマッピングを行う程度のものばかりである。

このため「マイクロORMはリレーションを解決してないのでORMではなく名称的におかしい」という意見もよく聞くが、そんな細かいことを気にするとハゲるので気にしてはならない。

主なマイクロORM[編集]

.NET FrameworkおよびMono[編集]

Java[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]