Mono

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Mono(モノ)は、GNOMEプロジェクト創設者のミゲル・デ・イカザが開発した、Ecma標準に準じた.NET Framework互換の環境を実現するためのオープンソースソフトウェア群、またそのプロジェクト名である。

現在はXamarin社が開発、販売、サポート業務を行っている。

共通言語基盤 (CLI) の実装やC#コンパイラなどが含まれる。

動作プラットフォーム[編集]

Monoはマルチプラットフォームであり、LinuxFreeBSDMac OS XSolarisWindowsで動作する。

その他にも、特定プラットフォーム向けに特化したサブプロジェクトも存在する。 なお、一般的なマルチプラットフォーム(いわゆる「Write Once, Run Anywhere」を目指す多くのプロジェクトとは異なり、Monoではビジネスロジック部分のみを共通化しようとする物が多く、インターフェイス(ビュー)に近い部分はそのプラットフォームに依存するような作りとなっている。これにより「Write Once, Run Anywhere」は実現できないが、そのプラットフォームが持つ特徴や性能を活かすことができる。

Mono公式
サードパーティ製

プロジェクトの目標[編集]

マイクロソフトFreeBSDWindowsMac OS Xで動作するシェアードソースCLIというCLIの実装を公開しているが、マイクロソフトのシェアードソースライセンスは商用利用が禁止されているなど、コミュニティにとって十分とはいえない。MonoプロジェクトはPortable.NETプロジェクトとさまざまな点で共通した目標を掲げている。

Monoプロジェクトの公式発表ではないが、その主導者であり「C++はクソ、C言語最高」と言わんばかりにGObjectやGTK+などを推し進めていたミゲル・デ・イカザ氏の言葉として「Cでプログラミングするには人生は短すぎる」という標語が掲げられている。

Monoランタイム[編集]

Monoのランタイム(Mono Runtime Environment)は多くのプロセッサで動作するJITコンパイラを搭載している。JITコンパイラアプリケーションの実行中に共通中間言語CIL) コードをネイティブコードに変換し、それらをキャッシュする。実行前にネイティブコードに変換し、キャッシュしておくことも可能である。

JITコンパイラが対応するプロセッサはx86、SPARC、PowerPC、ARM、System/390(32および64ビット)、AMD64、IA-64、64ビットモードSPARCである。それ以外のシステムでは、ネイティブコードに変換するのではなくインタプリタによって逐次バイトコードが実行される。ほとんどの状況で、JITコンパイラによる方法はインタプリタよりもパフォーマンスの点で勝っている。

またマイクロソフト純正の.NET FrameworkではサポートされていないSIMDへの対応など、Mono独自の革新的な機能の取り込みも積極的に行われている。

Monoライブラリ[編集]

MonoプロジェクトにはMono本体に加え、便利なライブラリやフレームワークが多数用意されている。 これらは純正.NET Frameworkでも利用できる。 また、一部はNuGetでも配布されており、Visual Studioなどからも手軽に利用できるようになっている。

主なMonoライブラリ[編集]

名称 NuGet 概要
Mono.Addins アドイン対応アプリを作るためのフレームワーク。
Mono.Addins.Setup
Mono.Cecil CILを解析するライブラリ。
Mono.CSharp
Mono.Linq.Expressions
Mono.Options コマンドライン引数を解析するライブラリ。いわゆるgetoptsC#版。
Mono.Reflection
Mono.Zeroconf

歴史[編集]

2000年12月にEcma Internationalにより.NET Frameworkドキュメントが公開されると、Monoプロジェクトの創始者であるミゲル・デ・イカザは.NET技術に興味を魅かれた。マネージドコードインタプリタを調べてみると、彼はメタデータに関する仕様が存在しないことに気がついた。

2001年2月、彼は.NET Frameworkのメーリングリストにおいて不足している情報を公開するよう求め、同時にC#の習得のため、C#で書かれたC#コンパイラの開発に着手した。

2001年4月、Ecma Internationalは不足していたファイル形式を公開し、ミゲル・デ・イカザは世界最大のGNOMEの祭典であるGUADEC(2001年4月6日~4月8日)において彼の開発したC#コンパイラのデモンストレーションを行った(それは自分自身の解析が可能であった)。

同時期、GNOMEの事実上の開発母体であったXimian社では生産性を向上するためのツールを開発するための会議が内部的に行われていた。実現可能性の調査の結果、そのような技術は構築可能であるという結論に至り、Ximianは他のプロジェクトからスタッフを集め、Monoチームを結成した。しかしXimian内部だけで.NETと同等のものを作るには人材が不足していたため、Monoをオープンソースとした。これは2001年7月19日に開催されたオライリーカンファレンスによって発表された。

それから3年近く経った2004年6月30日、Mono 1.0がリリースされた。

プロジェクト名の由来[編集]

monoはスペイン語で猿を意味するため、Monoのロゴには猿が描かれている。猿に関する名称はXimianの他のプロジェクトにも見られる。 Mono FAQでは、名称の由来に関する質問に対して「我々は猿が好きなのです。」 (We like monkeys.) と回答している[1]

インストール[編集]

FreeBSD[編集]

# パッケージを入れる
$ pkg install mono
# 共有メモリを増やす
$ echo kern.maxfiles=25000 >> /boot/loader.conf
$ echo kern.ipc.semmni=40 >> /boot/loader.conf
$ echo kern.ipc.semmns=300 >> /boot/loader.conf
# プロセスの細かい情報を取れるようにする
$ echo "proc            /proc   procfs  rw 0 0" >> /etc/fstab
# SSL証明書をぶちこむ
$ mozroots --import --sync

macOS[編集]

macOSの場合はmono公式サイトからパッケージを拾ってきてインストーラーに従えばok。 また、Xamarin Studioを入れようとすると同時に入ってくる。

Mono関連のコマンド[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]