FreeBSD

提供: MonoBook
移動: 案内検索

FreeBSD(読み:ふりーびーえすでぃー)とは、UNIXOSのひとつである。数あるBSD勢力の中でも邪悪なBSDに次ぐ勢力を誇る。

概要[編集]

FreeBSDとは「BSDデーモン君」という名の、どうみても悪魔demon)からインスパイヤしたと思われる洋物バイキンマンっぽい偶像を守護神daemon)として崇める宗教団体である。 [1]

この影響からか、FreeBSDの大口利用者には某巨大掲示板犬のお父さんの会社などのグレーな噂もたえない胡散臭い連中が多い。なお、胡散臭い人の心を鷲掴みにする何かがあるのかか、胡散臭さからくるサイトの人気(莫大なヒット数)に耐えられるOSとして人気なのかは不明である。

他の多くのOSと比べ、FreeBSDは流行り廃りがない点が利点でも欠点でもあると言われる。近年では多くのLinuxディストリビューションの流行り廃りを経験し、疲れ果てた者が最後に辿り着く安住の地であるとも語られている。

歴史[編集]

FreeBSDの最初の公式リリースは1993年12月のFreeBSD 1.0である。これは1991年にウィリアム・ジョリッツによって開発された386BSDから派生したものであり、近代的なオープンソースBSDの中でも1993年5月に登場したNetBSDに次いで古い。なお、FreeBSDに限らず近代的なBSDは全てフォークしたものであり、それらのBSDの系譜を含めると、30年以上にも渡って開発、改良、最適化が続けられていることになる。

FreeBSDディストリビューション[編集]

FreeBSDをベースとしたFreeBSDディストリビューションなる物も大量に存在している。

詳細は「FreeBSDディストリビューション」の項目を参照。

パッケージ管理システム[編集]

package[編集]

FreeBSDにはpackageという機構(いわゆるパッケージ管理システム)が用意されており、あらかじめ用意されているpackageを用いることで簡単にアプリケーションインストールおよびアンインストールを行うことができる。

なお、FreeBSD公式サイトにpackageが用意されていない場合でも、後述するportsは用意されていることが多く、portsから独自のpackageを生成することで対処できることも多い。

ports[編集]

FreeBSDにはportsという機構が用意されており、これを使うとソースコードダウンロードからビルド、package生成までを半自動化できるようになっている。また、FreeBSD公式サイト上に最新のpackageがあるかを確認して、なければソースコードからpackageを生成しインストールすると言ったこともできる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. http://www.freebsd.org/ja/copyright/daemon.html

外部リンク[編集]