医用画像

提供: MonoBook
移動: 案内検索

医用画像(読み:いようがぞう)とは、主に医療の場で使われているコンピューターグラフィックスの総称である。

概要[編集]

その大部分はCRCTで撮影した放射線被爆量画像として可視化したものである。 その他にも電波可視化したMRの画像や、超音波可視化した画像、内視鏡で撮影した写真、標本の写真などもある。

画像ファイルのフォーマット[編集]

画像ファイルフォーマットとしてはDICOMというアメリカ様が考えたものが主流である。医用画像ではパソコンスマートフォンで一般的なRGBの各8ビットではなくモノクロ16ビットがほとんどである。

稀にTIFFJPEGしか出力できないポンコツや、そもそもデジタルな出力端子がない昭和の哀愁漂うアナログな機器もある。 これらは内視鏡などに多い。内視鏡は内視鏡本体を買い換えず、内視鏡スコープだけを買い換えることが多いため、どうしてもこのような傾向になる。 また、内視鏡検査を行うのは放射線科とはまた別も部署であるため、おつきあいしている業者も別であり「DICOMなにそれ」だという点も大きい。 なお、東芝富士フイルムなどの放射線科から流れてきた業者の内視鏡製品はDICOMに標準対応していることが多い。

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]