東京オリンピック招致賄賂疑惑

提供: MonoBook
移動: 案内検索

東京オリンピック招致賄賂疑惑とは、2020年に開催予定の東京オリンピックの招致投票に関して贈収賄があったのではないかとする疑惑である。

概要[編集]

フランスの検察が、ロシア人選手のドーピングもみ消し事件、そこで使われた闇金のマネーロンダリング、支払先を捜査している過程でたまたま発覚したと言われている。

2016年5月22日、朝日新聞 - 2020年東京五輪・パラリンピック招致に絡み、東京側がシンガポールのコンサルティング会社に計2億3千万円を支払った問題で、同社との契約書には、招致委員会の理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長がサインしていたことが22日、関係者への取材でわかった[1]

主な登場人物[編集]

  • 招致委員会 - 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会名簿[2]
  • BLACK TIDINGS社 - シンガポールのコンサルタント会社
  • D社 - 日本とBLACK TIDINGS社の仲介をした広告代理店「電通」の通名。

大雑把な時系列[編集]

  • 2013年07月xx日 - 日本からBLACK TIDINGS社に着手金9700万円を支払う。
  • 2013年08月xx日 - 世界陸上選手権がモスクワで開催。
  • 2013年09月08日 - 東京オリンピック招致決定
  • 2013年10月xx日 - 日本からBLACK TIDINGS社に成功報酬1億円を支払う。
  • 2014年07月04日 - BLACK TIDINGS社が廃業[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]