英雄が英雄たるためにはその敵となる存在が必要不可欠だ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

英雄が英雄たるためにはその敵となる存在が必要不可欠だとは、ミッション:インポッシブル2に登場するネコルヴィッチ博士の台詞である。

概要[編集]

ディミトリ、我々はある問題を抱えている。

英雄が英雄たるためにはその敵となる存在が必要不可欠だ。

悪役がな。

そこで、私たちは我らの英雄ベレロフォンのために、怪物を造り上げた。

「キメラ」だ。


頼む、ディミトリ。 シドニーからアトランタまで私に同行して欲しい。 時間がないのだ。

何としても、20時間以内に目的地に着かねばならん。

頼む、信用できるのは君しかいないのだ。

ディミトリ、こんなことになって私も君も辛いところだ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]