mineo

提供: MonoBook
移動: 案内検索

mineo(読み:まいねお)とは、は関西電力系列の電気通信事業者(電力系通信事業者)・小売電力会社のケイ・オプティコムがやっている格安SIMのブランド名である。

概要[編集]

mineoは、KDDI(au)とNTTドコモを選択できる日本初の仮想移動体通信事業者(MVNO)である。

基本的にMVNOは無店舗販売が多いが、mineoはユニットコム(通称パソコン工房)と提携しており、全国のユニットコム系列のパソコンショップを店頭窓口として利用できる。ただし相談利用は有料である。ドコモやauなどの窓口利用料は無料だが、これは使う使わないに関わらず基本料金に強制上乗せされているためであり、格安SIMでは致し方ないところである。

MNPの手続きはSIMカードが届いてから専用ウェブページで行う仕様のため最小限の通信不能時間で済むという特徴がある。

沿革[編集]

  • 2014年06月03日 - サービス開始
  • 2015年02月27日 - プリペイドSIM販売開始[1]
  • 2015年09月16日 - 加入件数が10万件を突破[2]
  • 2015年11月19日 -「au VoLTE対応SIM」を発売開始[3]
  • 2016年01年21日 - auとドコモの両方に10GBプランを追加[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]