NServiceKit OrmLite/データベースに接続する

提供: MonoBook
移動: 案内検索

実装[編集]

注意[編集]

NuGetからNServiceKit OrmLiteを入れる[編集]

NuGetから「NServiceKit.OrmLite.MySQL」を入れる。 MySsql.Dataも一緒に入ってくるのでこれでセットアップは終わり。

app.configにConnectionStringを用意する[編集]

app.configがなければ追加する。NuGetからMySql.Dataを入れるとapp.configが勝手に追加されるので通常は存在していると思う。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
 
  <!-- 以下はNuGetからMySql.Dataを入れると自動的に書かれる -->
  <system.data>
    <DbProviderFactories>
      <remove invariant="MySql.Data.MySqlClient" />
      <add name="MySQL Data Provider" invariant="MySql.Data.MySqlClient" description=".Net Framework Data Provider for MySQL" type="MySql.Data.MySqlClient.MySqlClientFactory, MySql.Data, Version=6.9.7.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=c5687fc88969c44d" />
    </DbProviderFactories>
  </system.data>
 
    <!-- これを追加する。DBサーバーの設定は適宜書き換えること -->
    <connectionStrings>
    <add name="MySQL" connectionString="SERVER=localhost; DATABASE=test; UID=root; PASSWORD=password" providerName="MySql.Data.MySqlClient" />
  </connectionStrings>
 
</configuration>

プログラムから接続してみる[編集]

簡単なコンソールプログラムを書いてみる。

以下のグローバルアセンブリを利用しているので参照に追加すること。

  • System.Configuration;
  • System.Data

このソースコードでは以下の部分が肝となる。これを忘れると動かない。使用するデータベースごとに適切なものを指定すること。

  • OrmLiteConfig.DialectProvider = MySqlDialectProvider.Instance;

OrmLiteではConnectionStringクラスの拡張メソッドが用意されており、OpenDbConnection()メソッドを呼ぶだけで接続が完了する。便利すぎ。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    using System.Linq;
    using System.Configuration;
    using System.Data;
    using NServiceKit.OrmLite;
    using NServiceKit.OrmLite.MySql;
 
    class MainClass
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            // MySQLを使うことを事前に指定しておく必要がある
            OrmLiteConfig.DialectProvider = MySqlDialectProvider.Instance;
 
            // データベースに接続する
            var cs = ConfigurationManager.ConnectionStrings["MySQL"].ConnectionString;
            var db = cs.OpenDbConnection();
        }
    }

関連項目[編集]

参考文献[編集]