Objective-C

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Objective-C(読み:おぶじぇくてぃぶ・しぃ)とは、C言語のメモリ安全性と、Smalltalkの高速性を合わせたプログラミング言語である。

概要[編集]

Objective-Cは、大雑把にいうとC言語プリプロセッサを拡張してオブジェクト指向を実現したプログラミング言語である。C言語の中枢に手を入れて抜本的に魔改造をかけたC++などとは大きく異なる。

Objective-C自体は様々なプラットフォームで利用できる汎用のプログラミング言語であるが、標準ライブラリ・汎用ライブラリが絶望的なため、実質的にはCocoaなどの環境依存ライブラリを揃っているMac OS XiOSなどのアップル製品くらいでしか使い道はない。

Objective-CがC言語をベースにしたのはSmalltalkがC言語の圧倒的な量のライブラリ資産が使えないという欠点から不人気だったことの反省だと思われる。iPhoneの人気に伴い高レベルなライブラリが出揃ったことからアップルSwiftを推奨している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]