SSHD (Solid State Hybrid Drive)

提供: MonoBook
移動: 案内検索

SSHD(語源:Solid State Hybrid Drive) とは、 HDD2次キャッシュSSDを搭載した製品群の総称である。

概要[編集]

SSHDはWindowsHHDMac OS XFusion DriveなどのOSレベルで実装されていた機能や、Intel Smart Response Technologyなどのマザーボードに搭載のファームウェアで実装されていた機能を、 HDDに搭載されるファームウェアで実装し、OSハードウェアへの依存をなくした製品群の総称である。

SSDは読み書き共に高速だがHDDに比べギガバイト単価が非常に高い。また、読込方向の耐久性は高いが、書込方向の耐久性は低いとされている。一方、HDDは読み書き共に遅く、読み書き共に耐久性は微妙である。そこで登場したのがSSHDであり、頻繁に読み込まれるデータSSDキャッシュすることでSSDの高速性と読込方向の高耐久性、HDDの大容量を得られると言われている。

キャッシュブロック単位であるためOSファイルシステムハードウェアにも依存しない。

評価[編集]

SSHDのコンセプトは素晴らしいが、2014年時点で発売している製品群はSSD部分の容量と性能が微妙なものばかりであり、一般的な評価も微妙である。これSSDHDDを製造しているメーカーのほとんどはそれぞれ独立した別企業ばかりであり、知識の共有など皆無な状態であるためだと思われる。

主な製品[編集]

  • Seagate
    • 2013年11月02日 - Seagate ST4000DX001
    • 2013年08月24日 - Seagate ST2000DX001
    • 2013年08月24日 - Seagate ST1000DX001

関連項目[編集]

参考文献[編集]