Xamarin.Mac/Cocoa Bindingを使う

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Interface Builderソースコードを連動させるCocoa Bindingの使い方を調査している。

Xamarin.MacのBindingライブラリ(いわゆるP/Invokeみたいなもの)とは「バインディング」という名称はにているがまったくの別物である。

実装1[編集]

  1. バインディング用のプロパティを用意する。
  2. Export属性でInterface Builderから見た場合の名称を与える。
  3. WillChangeValueメソッドおよびDidChangeValueメソッドでプロパティの変更を伝える。

この例では配列を作るのが面倒だったのでAVFoundationのビデオ入力デバイス一覧を使っている。FaceTimeカメラなんかが列挙されるはず。

        AVCaptureDevice[] _videoDevices;
 
        [Export("videoDevices")]
        public AVCaptureDevice[] VideoDevices
        {
            get { return _videoDevices; }
            set
            {
                if (_videoDevices != value)
                {
                    WillChangeValue("videoDevices");
                    _videoDevices = value;
                    DidChangeValue("videoDevices");
                }
            }
        }
 
        public override void WindowDidLoad()
        {
            base.WindowDidLoad();
            this.VideoDevices = AVCaptureDevice.DevicesWithMediaType(AVMediaType.Video);
        }

Interface Builderを開きバインディングを設定する。

  1. Bindings Inspectorを開く
  2. Value Selection
    • Content
      • Bind to 「Files's Owner」を選びチェック
      • Model Key Path 「videoDevices」(Exportで指定したプロパティ名称)
      • null許容の場合は「Inserts Null Placeholder」にチェック
    • Content Values
      • Bind to 「Files's Owner」を選びチェック
      • Model Key Path 「videoDevices.localizedName」(Exportで指定したプロパティのプロパティが表示名となる)
    • null許容の場合は「Inserts Null Placeholder」にチェック

自動選択を使う場合は「Selected〜」系にも値を埋める。

備考1[編集]

Nullable型のプロパティはバインディングとして利用できない。実行時に落ちる。

DateTime? ReservedAt { get; set; }

関連項目[編集]

参考文献[編集]