オーバードロー

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーバードロー英語:over draw)とは、コンピューター・グラフィックスにおいて1画面を生成する際に、同じピクセルに何度も書き込むことをいう。

当然ながら最後の書き込み以外は無駄である。

カメラから遠い順でオブジェクト(2Dのスプライトや3Dのポリゴン)を描画することで最終的な一枚の絵を得る手法である。無駄が多いという欠点はあるが、アルゴリズムがシンプルであるという利点もある。

深度バッファを用いて「描画するか」「スキップするか」を決めることでオーバードローを抑制する手法もある。

タイルベースレンダリングでは「タイルをまたぐ際の無駄な描画」もオーバードローと呼ばれる。

関連項目[編集 | ソースを編集]