ファミリーコンピュータ

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

ファミリーコンピュータとは、任天堂の名機である。

概要[編集 | ソースを編集]

赤と白の本体のカラーが特徴的ではあるが、それが原材料のコストが安いという理由から、という雑学は有名すぎて人前で話すと恥ずかしい思いをする。

「ピコピコばっかしてないで勉強しなさい」はその年の流行語大賞にまでなった名セリフである。

バージョンアップしたνファミコンなるものが存在するが、どのあたりがνなのかは不明である。 ニューファミコンでは今や当たり前のコンポジット接続ができるようになっている。

多岐にわたるプレイスタイル[編集 | ソースを編集]

圧倒的な普及率により、本来のテレビゲームに留まらず様々なプレイ方法が開発された。

エクストリームファミコン隠し[編集 | ソースを編集]

主に母親がゲームマスターとなり、プレイヤーである子供が、ゲームマスターによって隠されたファミコンを見つけ出すというものである。

・主にテスト返却後、通信簿をもらった後などにゲームスタートとなる。

・初期はタンス、押し入れなどが主戦場になることが多かったが、プレイヤーレベルの向上により、 天井裏、流しの下、お隣の山田さんの家など、様々なフィールドで競われることとなった。

・派生として、ACアダプター隠しがある。”本体があるのに遊べない”というあまりの残虐性によって、世の子供たちを絶望のどん底に叩き込んだ。

エクストリームファミコンスロー[編集 | ソースを編集]

主なゲームマスターは父親で、 居間や2階の窓から外に向かって放り投げられたファミコンを無事に回収するというものである。

・マスターの精神力ゲージが高まった場合プレイ開始条件となることや、 運的な要素が強いため、難易度はやや高めとなる。