乾留炉

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

乾留炉(読み:かんりゅうろ)とは、空気を絶った状態で加熱することで燃焼を抑えつつ熱分解を行う装置のことである。

概要[編集 | ソースを編集]

大雑把にいえばチョコレートを溶かす際に行われる湯煎を高度化させたものである。 乾留炉にアルミ箔やスナック菓子の袋などのアルミ系廃棄物を入れて加熱することで、プラスチック成分がガス化するため油とアルミに分離できる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]