特筆性

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

特筆性(読み:とくひつせい)とは、主にウィキペディアにおいて気に喰わない記事に難癖をつけることをいう。

概要[編集 | ソースを編集]

ウィキペディアでは基本的に他文献からの引用および転載しか認めてない。 いわゆる「要出典」である。 いかなる場合であっても一次ソースであってはならないのだ。

特筆性は客観的な証明を必要とする
ウィキペディアにおいて「特筆性」を主張するには、相応の、信頼できる、検証可能で、客観的な証拠を必要とします。
これは、特筆性に関する全てのガイドライン、主張、目安において一致した要件です。
少なくとも、「重要である」「名声がある」「人気がある」と言うだけでは、ウィキペディアにおける特筆性を主張するには、全く無意味です。

上記の一般的な目安も、信頼できる情報源における相当量の言及を求めており、特筆性を主張するには、まずはこれがよい指標となるでしょう。
その次に、各分野の特筆性に関する基準・ガイドラインが目安になるので、参考にして下さい。

それ以外の手段で特筆性を主張する場合は、例えば信頼できる複数の専門家や、対象の専門分野の信頼できるメディアから、相応の評価があれば、証拠として活用できるでしょう。
その分野の国家レベルで第一線の専門家が集まり、それ自体言及すべき価値のある学会、大会や、あるいは専門分野のメディアにおいて、
優勝、学会賞、最優秀論文賞などの特別な受賞実績がある、あるいは主題とする対象を主とした講演会、特集が行われた、
といった事項を検証可能な状態で提示できれば、特筆性を主張するよい手立てとなるでしょう。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]