社畜PC

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

社畜PC(しゃちくぴーしー)とは、ブラック企業社畜に配布することを想定して開発および販売されているPCのことである。

概要[編集 | ソースを編集]

一般的には「これスマホよりも性能悪いんじゃないのか」という限界まで「安さ」だけを追求した社畜を酷使するためのPCである。

CPUなどは数字を大きく見せる目的で結構マシなものが採用される傾向があるが、キーボードマウス液晶などの数字で表現しにくいパーツは人体に悪影響のあるレベルで限界に挑戦したものが多い。

一方で歴史あるソフトウェアの開発会社などのIT企業では「iMac 5Kよりも高価で低性能」な富士通NECなどPCを採用しITドカタに配給していることが多い。いわゆる大人の事情である。あきらかに意味不明な価格であっても買わなければならないのである。それが大人である。

デスクトップ[編集 | ソースを編集]

ノートPC[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]