飯塚幸三

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

飯塚 幸三(いいづか こうぞう、1931年6月1日 - )は、東池袋自動車暴走死傷事故の当事者。死亡事故を起こしたにも関わらず逮捕されなかったことで一躍有名になった。

経歴[編集 | ソースを編集]

1931年に東京府豊多摩郡中野町(現在の東京都中野区)にて生まれる。東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)、旧制浦和高等学校を経て東京大学工学部応用物理学科卒業。1972年に工学博士(東京大学)。

その後、元工業技術院長、国際計測連合会長、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、クボタ常務取締役、平成11年度科学技術会議政策委員会研究評価小委員会委員などを歴任。

2015年に通産行政事務功労に対して瑞宝重光章を叙勲。

2019年4月19日に東京都豊島区池袋で自動車運転中に交通事故(東池袋自動車暴走死傷事故)を起こし2人が死亡し、飯塚を含め10人が重軽傷を負った。 しかし、現在も(運転免許取り消し処分や書類送検の方針は決定しているものの)逮捕起訴されていないことなどから、ネット上では「上級国民」などと呼ばれ、今も批判の対象になっている。

関連項目[編集 | ソースを編集]