CentOS 7/IPv6を無効にする

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

CentOS 7でもsysctlは使える。ただし微妙に仕様が変わっている。

手順[編集 | ソースを編集]

設定[編集 | ソースを編集]

IPv6を無効にする。

$ echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" > /etc/sysctl.d/00_ipv6disable.conf

設定反映[編集 | ソースを編集]

「/etc/sysctl.d/*.conf」系の設定変更の反映は「sysctl --system」を使用する。

$ sysctl --system

なお、「/etc/sysctl.conf」に設定を書いた場合はCentOS 6までの「sysctl -p」でも反映される。


関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]