CentOS 7/VirtualBox Guest Additionsをインストールする

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

VirtualBox上のゲスト(仮想マシン)がサクサク動くようになる「Guest Additions」をCentOS 7にブチ込みたい。 まっさらなCentOS 7ではパッケージが足りないことに気が付かず少々ハマった。

必要パッケージ[編集 | ソースを編集]

VirtualBox Guest Additionsのインストールには以下のパッケージが必要となる。

  • Development Tools (開発ツール)
  • kernel-devel
  • kernel-headers

ターミナルからインストールするには以下のコマンドとなる。

$ sudo yum groupinstall "Development Tools"
$ sudo yum install kernel-devel kernel-headers

GUIでのインストール方法は謎だ。

インストール[編集 | ソースを編集]

VirtualBoxのメニューから「Insert Guest Additions CD Image...」を選ぶと仮想CDがマウントされる。 通常は自動実行の確認画面が表示されるので後は従うのみ。

なお、Guest Additionsのインストール後はカーネルに魔改造が入るため再起動するのが望ましい。

VirtualBox Guest Additionsで増える機能[編集 | ソースを編集]

  • マウスカーソルがホストOSとゲストOS間でシームレスになる
  • クリップボードがホストOSとゲストOS間で共有される
  • ディスプレイの解像度の選択肢が増える

他にもあるらしいが知らん。 これと同じようなVMwareのVMware Toolsではネットワークが高速化したりもするがVirtualBoxはどうなのか知らん。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]