CentOS 7のrsyslogサーバーでログを受信する

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

CentOS 7のrsyslogサーバーでログを受信したときのメモ。

手順[編集 | ソースを編集]

/etc/rsyslog.confを以下のように設定変更する(抜粋)。

#### Provides UDP syslog reception

# UDPを有効にする
$ModLoad imudp

# UDP 514番ポートで待ち受ける
$UDPServerRun 514

# 以下の送信元からのログのみ受け付ける
$AllowedSender UDP, 192.168.1.0/24

# ログ保存形式
$template IpLog, "/var/log/ip/%fromhost-ip%/%$year%_%$month%.log"

# 送信元IPが「192.168.1.」で始まる場合は、上記ログ保存形式で保存する
# 「& ~」は「同じログを連続受信した場合は記録しない」という意味らしい
:fromhost-ip, startswith, "192.168.1." -?IpLog
& ~

rsyslogdを再起動する。

systemctl restart rsyslog

備考[編集 | ソースを編集]

rsyslogのソースコードをザッとみた感じconfファイルのパーサー部分以外は簡単そうなので自前でプロトコル実装してデータベースにぶち込んだ方が管理が楽かもしれない。

関連項目[編集 | ソースを編集]