Flutter

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

Flutterとは、Googleが公開したオープンソーススマホアプリ開発ツールである。FlutterはAndroid StudioVisual Studio Codeプラグインとして提供されており、それらにFlutterを入れると統合開発環境みたいになる。プログラミング言語にはGoogleの「Dart」が採用されている。

概要[編集 | ソースを編集]

Flutterの最大の特徴は、ビルドに際しても、実行に際しても「Javaを使っていない」点である。これによりAndroid SDKの問題点であったJDK依存が無くなり、さらにAndroid端末の性能を引き出せない問題の根源であったDalvikARTも必要なくなる。NDKを使ったベンチマークではAndroid端末がiPhoneを圧倒しているにもかかわらず、Google Playにある99%のJavaで書かれたアプリはiOS版にボロ負けという状況が改善する。

また、Flutterで開発したアプリはAndroidだけでなく、iOSでも動くし、さらにいえばFuchsiaでも動く。Xamarinもビックリである。

FlutterとFuchsiaのキーワードは「Javaからの開放」であろう。Androidといえば一部でKotlinが持て囃されていたが、結局の所これもJavaに依存していた。根本的な解決には至っていなかった。Flutterをプログラマに使ってもらうことで「Androidアプリ作ってたらFuchsiaアプリ作ってた」という状況を作り出しFuchsiaへスムーズに移行させる計画なのであろう。

https://flutter.io