Fuchsia

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

Fuchsia(読み:ふゅーしゃ)とは、Googleが開発しているスマホ向けのOSである。

Googleが突如としてgithubリポジトリを掘ったことで話題になった。 ライセンスには3条項BSDライセンスが採用されている。

AndroidChrome OSLinuxカネールをベースとしていたが、FuchsiaではLK[1]から派生した独自開発の「Zircon(旧:Magenta)」というマイクロカーネルを採用している。LKの派生ではあるが極限まで贅肉が削ぎ落とされた仕様となっている。その中には古いシステムのサポートを完全に断つなども含まれる。 このC++で書かれたソースコードリアルタイムOSに非常に近い構造であったため当初は「IoT向けのOS」と噂された。

しかし後にUIの存在が判明し、IoT向けではなく、スマホタブレット向けであり、AndroidChrome OSを置き換えるものだと判明する。 FuchsiaではUIも完全にオリジナルのものを採用している。

オンラインデモもあるよ。

Fuchsiaは、徹底してスマホに特化することで、スマホの低い性能をギリギリまで引き出し、スマホの少ないバッテリをギリギリまで長持ちさせるというコンセプトらしい。つまりAndroidiOSに太刀打ちできなかった要素、ベンチマークでは圧勝なのに実際には残念な結果しかでないという状況を打破する目的でフルスクラッチから作られているようだ。

プログラミング環境[編集 | ソースを編集]

Fuchsiaの公式プログラミング言語は「Dart」である。開発環境の「Flutter」の提供も始まっている。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

公式サイト - https://fuchsia.googlesource.com/