H.265

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

H.265とは、MPEGが仕様を作成した動画コーデックである。

H.265はテレビなどを製造している電機業界が中心となり策定されたものであり、H.264の後続として期待されていた。実際にオープンソースコーデックなども実装され、その高い品質も確認されていた。

しかし開発に関わった電機各社は特許使用料を巡り対立し、それが原因で特許使用のライセンス発行が混乱してしまい、スマホメーカーなどはH.265を使いたくても「お金の振込先がわからなくて使えない」という状況に陥ってしまった。

この問題を解決すべくGoogleAppleなどはライセンスフリーを掲げた「AV1(AOMedia Video 1)」を開発し、AndriodiPhoneに標準搭載したことでH.264でコツコツ築き上げたものをすべてかっさらっていった。