MediaTek Helio G99

提供: MonoBook
Helio G99から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

MediaTek Helio G99とは、2022年5月にMediaTekが発表したSoCです。

Helio G99は5G対応のDimensity 1050Dimensity 930と同時発表になったSoCであり、大雑把にいえばDimensity 700から5Gを取り払ってLTEだけにした製品です。

Helio G96の後続製品で電力効率が30%向上しているそうです。

大雑把な性能はSnapdragon 480 5G(以下スナドラ480)とほぼ同等です。 CPUはスナドラ480より少し高性能です。GPUについてはAntutuではスナドラ480に負けますが、3DMarkではスナドラ480に勝ちます。この点はシェーダーの叩き方(プログラムの組み方)に依存する部分が大きいのだと思われます。

性能的には「実用になる最低ラインは超えたな」くらいの代物であり、PC向けCPUでいうIntel Processor N100みたい位置づけです。

主なスペック[編集 | ソースを編集]

製造[編集 | ソースを編集]

  • TSMC N6

CPU[編集 | ソースを編集]

なお、公式にはCortex-A76のクロック周波数は規定されておらず、冷却次第では(メーカーが)オーバークロックできる仕様となっています。

GPU[編集 | ソースを編集]

GPUは2コアです。

なお、Mali-G57の1コアあたりのシェーダーユニットは64個となっておりNVIDIAGeForceと同じ仕様になっています。一方で競合するスナドラ480Adreno 619はシェーダーユニットが128個と単純に2倍もあり理論上は2倍の性能を誇ります。ただ世の中のゲームは世界標準のGeForceを想定した「64個前提」で作られたものばかりなので実際は差がほとんど出ません。

ビデオエンコーダー[編集 | ソースを編集]

  • H.264, H.265/HEVC
  • 2K 30fps, FHD 60fps, HD 120fps

フルHD以上は非現実的でしょう。

ビデオデコーダー[編集 | ソースを編集]

  • H.264, H.265/HEVC, VP-9
  • 2K 30fps, FHD 60fps, HD 120fps

フルHD以上は非現実的でしょう。

メモリ[編集 | ソースを編集]

  • LPDDR4X, 2133MHz, 2x 16bit
  • 最大サイズ 12GB

ストレージ[編集 | ソースを編集]

  • UFS 2.2

ディスプレイ[編集 | ソースを編集]

  • 最大解像度 2520 x 1080
  • 最大リフレッシュレート 120Hz

モデム[編集 | ソースを編集]

  • 4G Carrier Aggregation (CA), CDMA2000 1x/EVDO Rev. A (SRLTE), 4G FDD / TDD, HSPA +
  • 4X4 MIMO, 2CC CA, 256QAM, TAS 2.0, HPUE, IMS (VoLTE\ViLTE\WoWi-Fi), eMBMS, Dual 4G VoLTE (DSDS), Band 71
  • Cat-13 DL

LTEモデムのハードウェア的には「日本のプラチナバンド」に対応しているのが特徴です。

なお、G99を搭載した一部の中華Androidタブレットなどでは日本のプラチナバンドが封印されているものも確認されているので注意する必要があります。カタログに明記がなかったり技適のないものはほぼ封印されています。

Wi-Fi[編集 | ソースを編集]

Bluetooth[編集 | ソースを編集]

  • Bluetooth 5.2

GNSS[編集 | ソースを編集]

  • GPS / QZSS L1+ L5 / Galileo E1 + E5a / BeiDou B1C + B2a / NAVIC