M2M

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

M2M(語源:Machine to Machine)とは、センサーなどの機器とサーバーインターネットなどを経由して接続することである。 最近では新鮮さを出すために「IoT (Internet of Things)」と呼ばれることが多い。

概要[編集 | ソースを編集]

M2MはMachine to Machineの略語であり機械から機械へデータ送信する機材などを指す。 最近でいう「IoT」の昔ながらの呼び方である。

昔からこの方式を採用している業界ではIoTよりM2Mと言ったほうが通じる。 たとえばチェーン展開しているゲームセンターやパチンコ店では稼働状況などのデータデータセンターに送信する機器が広く使われているが、IoTと呼ぶ人は稀でありいまだにM2Mという呼び方が一般的である。また、自動販売機や救急車といった業界では業務用のモバイルルーターを指して「M2Mルーター」などと呼んだりもする。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]