Motion JPEG

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Motion JPEGとは、動画圧縮形式のひとつで、大雑把にいえば「JPEGのパラパラアニメ」である。

似たようなものに「MPEG」があるがまったくの別物である。考え方的にはアニメーションGIFとほぼ同じである。違いがあるとすれば音声データも入る点くらいだ。

利点:頭出しが早い[編集 | ソースを編集]

MPEGなどで特定のフレームを抜き出そうとすると、最寄りのキーフレームを見つけ、そこからデコードを繰り返して目的のフレームにたどり着く必要がある。このためリアルタイムで特定フレームを抜き出すのは難しい。

一方、Motion JPEGは単なるパラパラアニメなのでフレームレートから簡単に位置を割り出せる。このためリアルタイムで特定のフレームの頭出しや抜き出しができるという特徴がある。

この特性から「ボタンが押された瞬間にシーンを切り替える」などという実装が簡単にできるため、今でもゲームなどでは人気がある。

欠点:データがでかい[編集 | ソースを編集]

Motion JPEGはあくまで「2Dの圧縮」である。ただのJPEGのパラパラアニメだ。このため時間軸方向にも圧縮がかかるMPEG系と比べるとデータサイズは大きくなる。