Multi Sampling Anti Aliasing

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

マルチサンプリングアンチエイリアシング英語:Multi Sampling Anti Aliasing、通称:MSAA)とは、3DCGにおけるアンチエイリアシングアルゴリズムの一種である。

スーパーサンプリングアンチエイリアシング(SSAA)の発展型であり、MSAAもSSAA同様に出力解像度の数倍の解像度でレンダリングを行う。

SSAAではクソ真面目に全ピクセルをx倍で計算していたが、MSAAではポリゴンのエッジ部分(深度差が大きい部分)以外は1回だけ計算して残りはコピーで埋める。つまりポリゴンの内側部分は計算を大幅に省略する。

ポリゴンの内側を省略するということはポリゴンの大部分を占めるであろうテクスチャにはアンチエイリアシングがかからないということでもある。

また遅延レンダリングでは一通りのポリゴンのレンダリングが終わった時点になると深度情報が欠落しているためMSAAを適用するのは難しい。この問題の解決策としては、高解像度のフォワードレンダリングで深度計算のみを行い、出力解像度の遅延レンダリングの結果と合成する「Deferred MSAA」なる技法などが考案されている。

MSAAはSSAAに比べると若干品質は劣るが圧倒的に軽い。