OpenEXR

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

OpenEXRとは、米国インダストリアル・ライト&マジック(Industrial Light & Magic)が開発したHDR画像向けのファイルフォーマットである。

概要[編集 | ソースを編集]

OpenEXRはハリウッド映画のために開発された画像フォーマットである。 「編集する前提の動画」であり、フィルムの1コマに相当する画像を格納する。

編集する前提なので、MPEGのような「時間軸方向の圧縮」は行われない。あくまで2Dである。

また非可逆フィルターの劣化の蓄積を回避するため OpenEXRは各ピクセルRGB成分を「16ビット浮動小数点」「32ビット浮動小数点」「32ビット整数」のいずれかで保持する。考え方的にはハイレゾオーディオと同じ理由だな。

OpenEXRは1999年にILMによって作成され、2003年に仕様書およびライブラリソースコードが一般公開された。 法人向けでは仕様公開直後から絶賛の嵐で、映画やテレビの制作に使用されるソフトウェアで広く採用された。

一方、個人向けではOpenEXRは一般人がパソコンで扱うにはデータ量が大きすぎるためあまり注目されていなかったが、 2010年代ごろからゲーム業界でもHDRが流行りだした際に「16ビット浮動小数点形式のテクスチャ画像」の標準フォーマットとして一気に広まった。

このフォーマットは何度か更新され、タイル、ミップマップ可逆圧縮ウェーブレットなどの新しい圧縮アルゴリズム、その他の機能のサポートが追加されている。

2007年にはOpenEXRがハリウッド映画業界の発展に大きく貢献したとしてアカデミー賞技術功労賞を受賞した。

圧縮形式[編集 | ソースを編集]

非圧縮[編集 | ソースを編集]

いわゆる非圧縮のビットマップ形式。 アホみたいにデータサイズがデカイためあまり見かけない。

Run Length Encoding[編集 | ソースを編集]

ランレングス圧縮Run Length EncodingRLE)を用いるもの。OpenEXRでもっとも標準的な圧縮形式である。

ZIP per Scanline[編集 | ソースを編集]

個々のスキャンラインごとにzlibdeflate圧縮を用いる。 「zip」という名称なのにzipファイルとは一切関係ないアルゴリズムだ。

ZIP 16 Scanline Block[編集 | ソースを編集]

一度に16スキャンラインに対してzlibのdeflate圧縮を用いる形式。 ここ最近のフィルムグレインのない画像では効率が良い。

PIZ[編集 | ソースを編集]

PIZはウェーブレット変換ハフマン圧縮を組み合わせた新しい形式。 フィルムグレインが強い画像を扱う場合に非常に効率が良い。

PXR24[編集 | ソースを編集]

PXR24 (Pixar Animation Studios 24) は、32ビットの浮動小数点データを24ビットに変換した後、デフレート圧縮した形式。 「16ビット浮動小数点」「32ビット整数」では可逆圧縮、「32ビット浮動小数点」で非可逆圧縮となる。

ピクサーの映画で使っているらしい。

B44[編集 | ソースを編集]

B44は「圧縮後のデータサイズが常に一定」という形式である。この特性により一定幅でポインタをシークするだけで「コマ送り」「頭出し」ができるため、画をパラパラアニメ的に保持し、リアルタイムでコマ送り編集するような用途で用いられる。

B44A[編集 | ソースを編集]

B44の拡張。

DWAA[編集 | ソースを編集]

DWAA (DreamWorks Animation A)はJPEGライクな非可逆圧縮。 32スキャンラインをまとめて圧縮する。

ドリームワークスの映画で使っているらしい。

DWAB[編集 | ソースを編集]

DWAB (DreamWorks Animation B)はDWAAとほぼ同じ。 256スキャンラインをまとめて圧縮する。