RDX

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

RDX(読み:あーるでぃーえっくす、語源:Removable Disk Exchange System)とは、米国コロラド州ボルダーにあるProStor Systems Inc.(現:タンベルグデータ)が開発したリムーバブルディスクである。

日本では液晶で有名なEIZOが売ってる。HPEサーバーなんかでもオプションで追加できる。

概要[編集 | ソースを編集]

中身は汎用的な2.5インチHDDまたはSSDである。家庭用のiVDRに非常によく似たコンセプトであり、サーバーバックアップ用途にもってきたもののようだ。

DDSDATなどの代替を目的としているとされ、中小規模の案件に最適だとされている。

USB接続で1ドライブ仕様のものと、iSCSI接続で複数ドライブを備えたラックマントの製品がある。

コスパ[編集 | ソースを編集]

ドライブはLTOよりRDXの方が圧倒的に安い。LTOだと1ドライブ製品でも50万円くらいしているが、RDXの1ドライブ製品は3万円くらいで売られている。

一方、カートリッジのギガバイト単価はRDXよりLTOの方が安い。LTOは「1TB=1万円」という感じだが、RDXは「1TB=3万円」くらいとなっている。ここは磁気テープとハードディスクの差だな。

総合的にみるとバックアップ対象が32テラバイトくらいまでならLTOよりRDXの方がコスパに優れていると思われる(2019年4月時点)。